※外部リンク
※外部リンク
※外部リンク

営業日カレンダー営業日カレンダー

  • 今月(2021年10月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2021年11月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30        
    (      発送業務休日)

お知らせ

HOMEブログ>ポスティングで反響を出すには

ポスティングで反響を出すには
2021.10.14

ポスティングは住宅のポストへ1枚1枚チラシを投函していくことです。

地域を絞って販促や求人を行うのに、とても良い手段といわれています。

新聞折込とポスティングのちがい

ポスティングは新聞折り込みとよく比較されます。

インターネットなどの普及により1987年を機に新聞を読む人口は減少していて、現在東京都では朝刊の購読率が31%を下回る状況になってきています。

また現在の新聞購読者は高齢者に偏る傾向もあり、50代以下へのアプローチには新聞折り込みでは届き切らない時代にも変化してきています。

チラシをつくる工夫

チラシをつくるときに気を付けるべき点

1.視点移動を気を付けてチラシをつくりましょう

2.雰囲気の分かる写真や商品説明をしっかりと作りましょう

3.クーポンなどを付けると効果絶大

配布するエリアをどうしよう?

費用がすごいあるから広域に配ろうという考えは捨てたほうが良いです。なんでもそうですが、認知度がそのエリアでない場合、いくらチラシを沢山配っても直結はしにくい傾向があります。

では、どうやって配布すべきでしょうか

1.同じエリアで複数回配布

2.複数回チラシを配布する場合、デザインは似た感じにする

という点がとても重要です